女性 薄毛 食品

薄毛に効く食品は?

薄毛に効く食品は?

女性の薄毛対策には食事の栄養バランスも重要です。
では、どんな食品が薄毛に良いのでしょうか?

 

薄毛を改善するには頭皮に栄養を行き渡らせて髪を育む必要があります。
髪の毛の元となる栄養素が不足していると、シャンプーを変えたりマッサージをしたりしていても改善されないことがあります。
では、どんな食生活をすれば良いのでしょうか?薄毛に効く栄養素にはどんなものがあるのか、確認していきましょう。

 

アミノ酸

髪はケラチンという硫黄を含んだ硬いタンパク質でできています。
このケラチンはアミノ酸からできています。
アミノ酸を含む食品としては、大豆、鶏肉、牛肉、豚肉、アジ、サケ、カツオなどがあります。
牛乳など乳製品にも豊富に含まれていますが、アトピーやアレルギーなどで体質に合わない場合は他の食品から摂るようにしましょう。

 

ビタミン・ミネラル

髪の毛は細胞分裂に酔て成長していきます。細胞分裂が正しく行われるには各種ビタミン・ミネラルが必要です。
それぞれのビタミンには下記のような効果があります。

ビタミンA

血液の流れを良くして代謝をアップさせます。髪の毛が元気になり、抜けにくくなります。
ビタミンAはニンジン、レバー、かぼちゃ、ほうれん草などに含まれています。

ビタミンE

ビタミンAと同じく血行の流れを良くして栄養を運ぶのに必要なビタミンです。
ビタミンEは緑黄色野菜、うなぎ、イワシ、サバ、サンマ、玄米、ゴマ、ナッツ類などに含まれています。

ビタミンB群

頭皮を含む体内の新陳代謝を良くすることによって、髪の毛の成長に関わります。肌荒れやニキビなどにも効果があります。
ビタミンB群は小松菜、ほうれん草、玄米や小麦胚芽など穀類、豚、レバー、マグロ、カレイ、イワシ、うなぎ、牛乳、タマゴ、干しシイタケなどに含まれています。

 

また髪の毛を作る時には色々な酵素が働くとされています。その時、鉄や銅、亜鉛などミネラルがないと働きません。
ミネラルを多く含む食品として代表的なのが海藻です。ただし、海藻類に含まれる栄養素のひとつヨウ素は摂りすぎると甲状腺機能低下を引き起こしたり、甲状腺機能亢進賞を起したりするので摂りすぎには注意しないといけません。

 

「海藻を食べると髪が生える」は本当?

昔から「海藻を食べると髪が生える・伸びる」と言われていますが、海藻類を摂取すると発毛効果が得られるというのは実は医学的に根拠がない話なのだそうです。
髪の毛に良いと言われるようになったのは見た目のイメージからだそうです。
とは言っても海藻に含まれるヨウ素には血液をサラサラにして毛乳頭の毛母細胞を活性化する作用があり、育毛の効果が期待できます。
しかし海藻類以外にもヨウ素は含まれていますし、ヨウ素を摂りすぎると甲状腺に異常が現れる可能性があるので、他の食品と併せてバランスよく栄養を取ることが一番です。

育毛に逆効果の食品は?

薄毛を悪化させてしまう食品は?

逆に育毛には逆効果の、薄毛を悪化させてしまう可能性のある食品もあります。

 

過剰な塩分

体内の塩分が過剰になると、組織が機能障害を起こして脱毛量が増えます。
塩分の摂りすぎは高血圧や動脈硬化の原因とも言われています。摂りすぎには注意しましょう。

 

香辛料の摂りすぎ

カラシ、トウガラシ、七味、わさび、山椒、コショウ、その他カレーのスパイスなどは摂りすぎると皮脂の分泌が多くなることがあります。
少量であれば血行を良くし頭皮に良い影響がありますが、大量に摂取するのはNGです。
刺激が強い香辛料は胃腸障害の引き金になったり、毛髪の成長を妨げることになります。くれぐれも量には気を付けましょう。

 

コーヒー

コーヒーの中に含まれるカフェインやその他の成分は中枢神経に直接働きかけるので、頭をすっきりさせたり一時的に疲労感を軽減できます。
肝臓を刺激して蓄積された糖を出したり、利尿作用もあるので少し飲む分には良い効果もありますが、覚醒作用が強いため飲み過ぎると興奮状態が続きます。
摂りすぎると常に興奮状態となり、内分泌系にストレスを与え結果的にビタミン・ミネラルを大量に消費、排出することになります。
飲んですぐ抜け毛になるわけではありませんが、過剰に飲み続けると交感神経の興奮が続き、毛細血管や皮膚の働きが少しずつ悪くなっていき、結果脱毛につながることがあります。
毎日何倍もコーヒーを飲んでいる人は一度見直してみましょう。

 

アルコール

適量のアルコールは血管を拡張して血行を良くしますが、アルコールの摂取はビタミンBを消費します。
ビタミンBは髪の毛の成長に欠かせない栄養素なので、不足してしまうと髪や頭皮によくありません。
お酒の量が多い人は休肝日を多めに取るようにしましょう。

 

脂肪分の多い食べ物

抜け毛や頭皮の状態にすぐ反映されるのが油っこい食事です。
揚げ物、脂肪の多い肉類を食べ続けると毛穴がギトギトして油っぽい湿ったフケが出やすくなります。
毛穴が詰まって頭皮にできものや炎症が出てくることもあります。頭皮が炎症を起こしてしまうと抜け毛が一気に増えることもあります。
油で揚げたスナック菓子も要注意。チョコレートやバターをたっぷり使った焼き菓子も控えめにしましょう。

 

甘いもの、糖分の多いもの

甘いものの摂りすぎも皮脂の分泌を過剰にし、頭皮のフケやできもの、炎症につながります。これは過剰な糖分は体内で中性脂肪に変化するためです。
また、砂糖の摂りすぎで血糖値が乱降下することも内分泌系ホルモンにストレスを与えます。
過剰な糖分は代謝にビタミンBやミネラルを大量に使うので、頭皮や髪の毛に行き渡る栄養素も減ってしまい、抜け毛や薄毛につながります。

 

レトルト食品、冷凍食品、インスタント食品、コンビニ弁当など

レトルト食品や冷凍食品と行った食品は、長期保存のために洗浄や高熱処理をしているため加工の工程で多くのビタミン類、栄養素が失われています。
さらに長期保存のために加えられている添加物が栄養素の排出を促進してしまうので、加工食品をばかりを食べ続けていると髪に栄養が行き届かなくなってしまいます。
こうした食品を摂るのはなるべく控え、栄養の豊富な健康な食事を心がけるようにしましょう。

 

どんなに抜け毛や薄毛対策をしていても、頭皮に悪い食生活をしていたら改善される見込みも低いでしょう。
いきなりすべてを止めるというのは難しいと思うので、できるところから少しずつ改善していきましょう。