女性 育毛シャンプー 効果

育毛シャンプーの効果は?

育毛シャンプーの効果は?

最近では女性用の育毛シャンプーもたくさん出てきています。
でも、どれが一番効果があるのでしょうか?
そもそも育毛シャンプーって効果はあるのでしょうか?

 

シャンプーは毎日使うものなので、シャンプー選びは重要になってきます。
一口にノンシリコンシャンプーや育毛シャンプーが良いと言っても、人によって体質や頭皮の状態は違うので使い心地や効果の実感は変わってきます。
一番良いのは自分に合ったシャンプーを選ぶということです。

 

どんなシャンプーを選べばいい?

女性の薄毛に効果のあるシャンプーには皮脂を取り除いたり、頭皮に栄養のある成分が含まれていて健康状態を改善するのに役立ちます。
シャンプーはアミノ酸系100%のものを選ぶと良いです。
育毛シャンプーの1つの条件は、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているということです。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーの成分にはグリシン・メチルアラニン・グルタミン酸・メチルタウリン・サルコシンなどがあります。
これらの成分を含むものがアミノ酸系シャンプーとされています。
アミノ酸系シャンプーはシャンプー剤の中で最も低刺激で洗浄力はやや弱いので、頭皮に優しいというのが特徴です。
刺激がほとんどないので、敏感肌、アトピーや抜け毛に悩む人にも効果的です。
頭皮のダメージによるフケやかゆみに悩んでいる人にも効果的です。
またアミノ酸系シャンプーは洗うだけでなく、シャンプーに含まれるアミノ酸が肌へ浸透し、ある程度髪を修復する効果もあるとされています。
ただし、アミノ酸系シャンプーの中にもラウリル硫酸・ラウレス硫酸といった高級アルコール系の界面活性剤が含まれているものもあるので注意が必要です。

 

界面活性剤は危険?

界面活性剤は毒性の強い危険物だと思っている人もいるともいますが、それには大きな誤解があります。
界面活性剤が毒性のあるものだと認識しがちなのは、過去に石油系界面活性剤の毒性が問題になったからでしょう。
そもそも界面活性剤とは界面活性作用のある物質を指す総称です。
界面活性作用とは、ものにくっつく性質のことです。たとえば汚れにくっつけば洗い流すことができます。この汚れとくっつく作用が強すぎると、頭皮に必要な成分まで洗い流してしまいます。つまり界面活性剤そのものが危険と言う訳ではなく、種類や強度に気を付けて使用しなければいけないということです。

 

シャンプーはどの種類の界面活性剤が使われているかで別れます。
シャンプーの種類には大きく分けて石けん系シャンプー、石油系シャンプー、高級アルコール系シャンプー、アミノ酸系シャンプーがあります。
このうち高級アルコール系シャンプーに使用されている界面活性剤が、いわゆる硫酸系の成分です。
この高級アルコール系シャンプーは泡立ちが良く、ドラッグストアやスーパーなどで安く市販されているので使っている人も多いと思いますが、強力で皮脂を落とし過ぎることから、元々持っている皮膚のバリア機能を低下させ、薄毛や抜け毛、アトピーなどの悪化やフケなどの肌荒れを引き起こすとされています。
また、石油系界面活性剤も避けた方が良いです。

 

価格は少し高いですが、薄毛対策には刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを選ぶことをおすすめします。

 

有効成分が含まれているものを選ぶ

シャンプーの選び方として、医薬部外品として有効成分が特許を取得していたり、広く認められているものもあります。そうした有効成分が含まれているシャンプーは使ってみる価値はあるでしょう。
有効成分としては以下のようなものが挙げられます。

抗男性ホルモン剤 アロエエキス、亜鉛、センブリエキス、オトギリソウエキス、ノコギリヤシエキスなど
血管拡張剤 サンザシエキス、酢酸トコフェノール、ローヤルゼリーエキス、ニコチン酸アミド、ハッカ油など
栄養補給剤 ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンA、海藻エキス、システィン、ケラチン各種アミノ酸など
保湿成剤 ヒアルロン酸、プラセンタエキス、コラーゲン、カカオバター、米ヌカエキスなど

他にも数多くの有効成分があります。
育毛シャンプーは薄毛の原因によってどれを選ぶか変わってきます。
自分の薄毛の原因を知るには専門医に診断してもらうのが一番いいでしょう。

シャンプーの仕方で育毛効果はアップする!

もともと女性の薄毛は男性のように遺伝的・体質的な理由よりも誤ったヘアケアに代表される生活習慣が原因となっているケースが多いです。
そのため男性よりも育毛シャンプーの効果も得やすいのです。
その一方で、もともと誤ったヘアケアが薄毛の原因になっている場合は適切な育毛シャンプーを選び、正しいヘアケアを心がけることが重要です。

 

正しいヘアケアの方法

正しい方法で日々のヘアケアを行えば、育毛効果をより実感することができます。
自分のヘアケアが間違っていないか、今一度確認していきましょう。

 

ブラッシングをする

髪を洗う前にブラッシングをして汚れを落とします。
またブラッシングをすることで地肌のマッサージにもなります。

しっかりお湯ですすぐ

まずはシャンプーを付けずに手ぐしで髪をすすぎます。
汚れの70%はお湯の力で落ちると言われています。汚れをお湯だけで落とすつもりでしっかりすすぎましょう。
またお湯は38℃くらい、シャワー圧は強くなり過ぎないように注意しましょう。

シャンプーを充分泡立てる

シャンプーは地肌に直接付けず、手のひらにとって充分に泡立ててから首の後ろの生え際に付け、後頭部、側頭部、頭頂部分、前頭部、額へと後ろから前へ泡を広げていきます。
洗う時は、爪を立てずに指の腹を使って地肌を軽くこするように洗います。髪ではなく、頭皮を洗う感覚で洗っていきます。
髪をこすり合わせる必要はありません。髪をこすり合わせるのは髪を傷める原因になってしまいます。

よくすすぐ

シャンプーは簡単に落ちるものではありません。すすぐ時も常に地肌を意識して、後ろから前へ洗い流します。
後ろから前へ洗うと、毛の流れに逆らって洗うことになるので頭皮や髪を丁寧に洗うことができます。

トリートメントは地肌につけない

リンスやトリートメントは毛先に付けて、髪になじませるだけで充分です。地肌に付けてはいけません。
トリートメントが地肌に残ってしまうと抜け毛の原因になってしまうこともあるので要注意です。

洗った後はやさしくタオルドライしてドライヤーで乾かす

シャンプーを終えた後は「拭く」というよりは「水気を取る」感じでタオルドライをします。
ゴシゴシと強くこすると髪や地肌を痛めてしまうのでNGです。
髪の毛に付いた水分は少し時間が経てば自然と下に下がってきます。一生懸命拭かなくても、水分が集まってくる下の方をタオルで挟むだけでかなり水分は取れます。
ドライヤーで乾かす時は、頭に風を入れるつもりで頭皮を乾かしましょう。
乾かす時はまずは襟足から乾かしていきます。下の方を先に乾かしておけば、上の髪を乾かした時に下からの湿気を吸わないのでふわっと仕上がります。

 

正しいシャンプーの選び方と正しいケアの仕方をしていれば薄毛は改善されます。
かなり進行が進んでしまっている場合は、病院に行って育毛剤や薬などを処方してもらい、治療していくといいでしょう。