女性 薄毛 ヘッドマッサージ

ヘッドマッサージで薄毛対策

ヘッドマッサージで薄毛対策

抜け毛や薄毛の原因の一つに、頭皮が不健康な状態になっているということがあります。
そんな場合は、頭皮をケアすることで薄毛を改善することができます。
頭皮ケアでおすすめなのがヘッドマッサージです。
仕事の合間や就寝前など気軽に行うことができるので、ぜひ取り入れてみてください。

 

ヘッドマッサージの目的

ヘッドマッサージの一番の目的は、頭皮の血行を促進することです。
頭皮に十分な栄養が行き渡らないと髪は細くなってしまったり、生えてこなくなったりしてしまいます。
ヘッドマッサージをすると新陳代謝が高まるほか、毛穴に詰まった皮脂を取りやすくなります。
また頭のツボを刺激することでリラクゼーションにもなり、ストレス性の抜け毛の要望にもなります。

 

ヘッドマッサージの方法

最もお手軽で場所を選ばないのが指圧です。
両手の指で頭を抱えるようにして、指の腹でまんべんなく頭皮を刺激していきましょう。
指だけを動かすのではなく、指は頭に固定したまま手首から動かすようにすると良いですよ。
また、クレンジングオイルを使って指圧すれば余分な皮脂や汚れを浮き出させることができます。
ただし、クレンジングオイルの種類によっては頭皮への刺激が強すぎるものもあるので、成分をしっかり見て選びましょう。
マッサージ後はまずはぬるま湯で洗い流し、最後にシャンプーでしっかり汚れを落としましょう。

薄毛対策に効くツボ

ヘッドマッサージをする際、頭のツボを刺激するとより効果が期待できます。
薄毛や抜け毛に効くツボをいくつか知っておくと良いでしょう。

 

百会(ひゃくえ)

百会は「万能のツボ」と呼ばれるツボで、頭の頂点に位置しています。
左右の耳の一番高い部分を頭の頂点に向かって結んだ線の中央が百会です。
頭皮の代謝を促進するだけでなく、自律神経を整えてストレスを軽減してくれる効果もあります。
他にも便秘解消や不眠解消などさまざまな効果があります。

 

神庭(しんてい)

神庭は髪の生え際の真ん中に位置するツボです。
眉間の中央から上に髪の生え際に向かって伸ばし、生え際の少し手前が神庭の目安です。
気持ちを落ち着かせる効果があるので、ストレスが原因での薄毛には効果が期待できます。

 

角孫(かくそん)

角孫は耳の上の神の生え際あたりにあるツボです。
耳の一番高い部分に近い髪の生え際にある、少しくぼんでいる部分が角孫の目安です。
頭部の緊張をほぐし、血行も良くしてくれます。

 

風府(ふうふ)

風府も頭部の緊張をほぐしてくれるツボです。これは後頭部のでっぱりの下にあるへこんだ部分に位置しています。
分かりにくい場合は首の真ん中を下から上に向かい、髪の生え際から指2本分ぐらい上あたりが目安です。

 

ツボは痛気持ちいいくらいの強さで押すのがベストな力加減です。
あまり強すぎても体に良くないので、力加減には注意しましょう。
親指の腹でグッと押して離す、を何度も繰り返します。他にもヘアブラシでトントンと刺激する方法もあります。
ヘッドマッサージは入浴中やお風呂上がりに行うとより効果的です。
ツボを指圧すると頭皮の血行も良くなり、肌荒れや顔のたるみなどにも効果があります。
また癒しの効果もあるので、ストレス解消も期待できます。