女性 薄毛 育毛剤 男性用

男性用の育毛剤を女性が使用しても大丈夫?

男性用の育毛剤を女性が使用しても大丈夫?

育毛剤には脱毛の原因に働きかけるいくつかの成分が配合されています。一般的に男性用の育毛剤には男性ホルモンを抑制する成分を中心に、栄養剤的作用を持つ成分や血流改善作用を持つ成分が含まれています。
では、男性用の育毛剤を女性が使用しても大丈夫なのでしょうか?これは脱毛のタイプや体質によって分かれてきます。また育毛剤にどの成分が含まれるかにもよります。
脱毛症は男女とも遺伝しやすい体質と生活習慣の相乗作用によって毛を作る細胞が弱ることから起こるので、この弱った細胞を元気にするという点では「男性用」を謳っている育毛剤でも女性に効果がない訳ではありません。
しかし、男性ホルモンが少ない女性の場合は男性ホルモンを抑制する成分よりも、それ以外の老化による栄養不足や乾燥といった原因に作用する成分を多く含む育毛剤の方が効果は高いと言えます。

 

女性用の育毛剤の特徴は、栄養成分や保湿成分、イソフラボンなど女性ホルモン様成分が配合された低刺激でマイルドな育毛剤が主流になっています。
一方男性用の育毛剤は、皮脂分解成分、抗菌成分、清涼剤、男性ホルモン抑制作用、血行促進剤などが主流です。これは男性ホルモンの作用で皮脂分泌が多く、フケやかゆみなどの症状が多いためです。男性用の育毛剤はやや刺激のあるさっぱりしたタイプが主流となっています。
また男性用に作られているものですので、女性が使用することを想定して作られていません。女性は男性よりも敏感肌な人が多く、刺激が強い育毛剤だと炎症やかぶれを引き起こしてしまう可能性があります。そうなると頭皮や毛穴にダメージを与えてしまい、かえって症状を悪化させてしまう危険もあります。また成分によっては副作用を引き起こす恐れもあります。
男性用の育毛剤に含まれているミノキシジルという成分の副作用として、頭皮がかゆくなり、頭痛や手足のしびれを感じることがあるそうです。またフィナステリドが含まれる育毛剤では、胃痛、性欲の減退、EDが起こった例もあるそうです。妊娠中の女性が使用した場合は胎児に悪影響が出る可能性も考えられています。これらの成分を含んだ育毛剤は、女性は使用を避けた方が良いでしょう。
こうした成分は基本的に女性用の育毛剤には含まれていませんので、女性用を選んだ方が安全と言えます。
男性用の育毛剤を女性が使用しても全く効果がない訳ではありませんが、自分の体質に合った育毛剤が分からない場合はまずは刺激の少ない女性用の育毛剤、もしくは男女兼用の育毛剤から使用してみることをおすすめします。

 

また市販の育毛剤では効果が見られない場合は、医薬品の育毛剤を使用することになるかも知れません。その際は専門医に処方してもらいましょう。