薄毛治療 費用

薄毛治療の費用

薄毛治療の費用はいくらかかる?

薄毛を治療するにあたって気になるのが費用ですよね。
このページでは目安となる薄毛治療の費用を説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

病院で治療する場合の費用

病院で治療する場合は初診料、検査費用、再診料、処方薬された薬の費用などがかかります。
病院や治療法などによっても費用は異なりますが、目安は以下のようになっています。

 

  • カウンセリング…無料
  • 初診料…3,000〜10,000円
  • 検査費用…5,000〜10,000円/回
  • 内服薬・外用薬…5,000〜30,000円/月
  • メソセラピー…15,000〜30,000円/1本
  • 再診料…30,000円程度(薬代込)

 

カウンセリングは無料で行っているところがほとんどです。
カウンセリング後通院することになると、初診の時は8,000〜20,000円ほどかかることになります。
2回目以降は再診料、検査費用、薬代などを含めて30,000円くらいが目安となります。
薄毛治療の費用は保険が適用されないのでどうしても普通に病院にかかった時よりも高くなってしまいます。
処方する薬や治療法によってはかなり高額になってしまう場合もありますが、目的はあくまで薄毛を治療することなので、価格だけを重視せずに自分に効果のある治療をしてくれる病院を選びましょう。
ひと月30,000円となるとためらってしまう人もいるかもしれませんが、薄毛治療の通院は2〜3か月に1度ほどなので毎月こんなに費用がかかるわけではありません。
しっかりと自分の体質と治療方針を説明してもらい、無理なく治療が続けられる範囲で、信頼できる病院に治療を依頼すると良いでしょう。

病院以外の薄毛対策でかかる費用

病院での治療をせずに、自分で育毛剤やシャンプー、内服薬を購入して薄毛対策を行っていった場合はどれくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

市販の育毛剤

現在市販されている女性用育毛剤は安いものは1,000円を切っているものから、高いものになると1万円近くするものまで幅広い価格帯になっています。
高ければ効果がある、安いものは効果がない、とは一概には言い切れないので実際に試してみて自分に合っている育毛剤を探していくしかありません。
また育毛剤は長期にわたって使用していかないと効果を実感しにくいので、継続して使っていける価格帯のものを選ぶことも重要です。
内容量にもよりますが、1か月に育毛剤1本というペースで使用していくと月に1,000〜10,000円、効果が表れるまでは最低でも半年から1年は見ないといけないので、それなりに費用もかかります。
効果を実感できなければまた他の育毛剤を試して…の繰り返しということにもなりかねません。

 

今は女性用の育毛剤だけでもかなりの種類が出ています。どの育毛剤が自分に合っているのか見つけ出すだけでも時間もかかりますし、良さそうと思って思い切って買った育毛剤が合わなければ無駄になってしまいます。
市販のものの中には刺激が強すぎる成分が含まれていたり、かえって薄毛を進行させてしまう場合もあります。
口コミなどで評判が良いからと言って、自分の体質に合っているとも限りません。
自己判断で合わない育毛剤を使い続けて悪化させてしまうことを考えると、市販の育毛剤だけで薄毛を治療していくことはあまりおすすめできません。
市販のものを使用するにしても、病院で診断してもらって自分の薄毛の症状を把握して、きちんと成分を確認した上で使用した方が良いでしょう。

 

育毛シャンプー

女性用の育毛シャンプーも最近は数がたくさん出ています。
一番手頃なのはドラッグストアなどで安売りされているノンシリコンシャンプーやスカルプケアシャンプーですが、こうした商品は高級アルコール系界面活性剤が入っているので頭皮にダメージを与え、薄毛には逆効果です。
薄毛に悩んでいる人におすすめのシャンプーはアミノ酸系のシャンプーです。
アミノ酸系シャンプーやいわゆる育毛シャンプーとして販売されているものは3,000〜5,000円台と比較的高価です。
今までシャンプーは価格や泡立ち、洗った後のさっぱり感で選んでいた人には高いシャンプーは手が出にくく、泡立ちもあまりよくないアミノ酸系シャンプーは物足りなく感じるかもしれません。
しかし、薄毛の原因がシャンプーが合わないためだったとしたら今すぐにシャンプーを変えないといつまでも薄毛は改善されません。
頭皮の状態によってはシャンプーを変えるだけで頭皮環境が改善され、薄毛が治る可能性があります。
ただ、3か月間使用を続けても効果が実感できない場合は他のシャンプーに替えたり、育毛剤も一緒に使用するなどケアの方法を変える必要があるかも知れません。
薄毛の改善には頭皮にやさしいシャンプーを使用することは大切なことなので、遠回りではありますが育毛シャンプーを使用することは決して悪いことではありません。
より早く効果を得たいという人は、病院で原因を調べてもらい的確な治療を受けましょう。

 

内服薬

男性の薄毛治療ではプロペシアという内服薬を使用することが多いですが、このプロペシアは女性が服用すると副作用を引き起こす恐れがあるので、女性は使用することができません。
女性の薄毛治療の場合に処方される内服薬としてはパントガールというものが有名です。
パントガールは女性の薄毛や抜け毛を改善し、発毛を促す「内服薬」として世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬です。
パントガールは専門の病院で処方してもらうことで購入できます。その場合、費用は90カプセルで15,000〜21,000円となります。処方してもらえば最低でも半年から1年間飲み続けることになり、診察代もかかるのでかなりの負担となります。
このパントガールですが、病院で処方されなくても個人輸入代行という形で購入することが可能です。
その場合は1箱90錠入りで7,500円前後で購入できます。
ちなみにパントガールの製造元は一つではありません。国内で流通しているものはインターナショナル版が多いですが、個人輸入代行を利用するとオーストリア版なども購入することができます。販売市場国別に有効成分が若干異なってくるのでこのあたりは自己判断となります。
ここで注意が必要なのは、海外製品を個人で購入する場合と、国内製品をネット通販で購入する場合とでは、購入手続きの事情が若干異なります。
特に購入金額によっては関税などの税金がかかってくるので、初めて個人輸入をしようと思っている人は以下の点に注意しましょう。

  • 1万円を超える商品については、関税が発生する
  • 個人輸入では商品の発送先が勤務先や事業所では認められない場合もあり、自宅発送しか認めていない代行業者もある

 

また、海外製パントガールインターナショナル版のような医薬品を医師の処方を得ずに購入するとなると、流通ルートが明らかでないものや製品の品質が保証されていない恐れもあるので、代行業者を選ぶときはくれぐれも注意しましょう。
他にも以下の点に注意しておく必要があります。

  • 海外医薬品を一度に輸入できる数量には制限がある
  • 流通ルートが明らかでないため、品質は必ずしも保証できない
  • 医師の処方を受けずに自己判断で未承認薬を購入し服用した場合、副作用はすべて自己責任となる
  • クーリングオフは適用されない
  • 製品に関する知識はすべて自分で情報収集しなければならない

 

医師の処方を受けていないと、もし服用して重篤な副作用が起こってしまったり、効果が得られなかったとしてもすべて自己責任となります。
そのため処方されたことのないこうした医薬品を自己判断で使用することはあまりおすすめできません。
個人輸入で購入するとしても、一度医師の診察を受けて処方されたものを使用するようにしましょう。