女性 薄毛 原因

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因

女性の薄毛の原因は加齢と性ホルモンバランスの変化が主な原因になっている場合が多くあります。年齢とともに衰えを感じるのは悲しいことですが、現実にはだんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛などさまざまな形で加齢変化が目立ってきます。
髪の密度は20歳がピーク、太さにおいては35歳がピークと言われています。その後は密度・太さともに衰えていき、30代後半から髪のうねりが目立ってきます。そして40歳前後で急に髪の衰えを感じる女性が増えてきます。さらに出産や更年期といった性ホルモンのバランスが崩れが薄毛・抜け毛を悪化させてしまう原因にもなりがちです。

 

また、女性の薄毛は主に血流不全やホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多いのですが、ストレスをはじめ他にも遺伝的要素が原因に関与していると言われています。
薄毛を引き起こしてしまう要因としては、喫煙、睡眠不足、過度なダイエットによる栄養不足・ホルモンバランスの乱れなどが考えられます。こうした要因が頭皮の血流を悪くし、結果として髪を作るのに必要な栄養が行き渡らなくなって抜け毛が増えたり、健康な髪が生えにくくなったりしてしまうのです。
その上「髪が抜けていく」という事態に過剰なまでにナーバスになると、余計に悪循環に陥ってしまいかねません。あまりに悩んで髪のことがコンプレックスになり、次第に外出も億劫になるなど精神的に追い詰められてしまう人もいます。
そうした心配を取り除く意味合いも込めて、一度医療機関へ相談に行くことをおすすめします。頭皮や毛髪の状態をチェックしてもらい、生活習慣の改善や、必要であれば医薬品での治療やサプリメントなどのアドバイスを受けると良いでしょう。

薄毛の種類によって原因は違う?

薄毛の原因は薄毛の種類によっても異なってきます。

 

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因には、次のようなものが挙げられます。

加齢

女性ホルモンは年齢とともに少しずつ減少し、閉経の頃には急激にホルモンバランスの乱れが起こります。
女性ホルモンが減少すると、男性ホルモンが優位に立ってくるので脱毛が起こりやすくなります。
さらに頭皮の潤いを保つコラーゲンや皮脂も減少するため、頭皮が乾燥し脱毛につながると考えられています。

ストレス

ストレスが溜まるとホルモンや自律神経のバランスが乱れます。
また強いストレスを感じると血管が収縮し、血行不良を起こすため毛髪に必要な栄養を運ぶことができなくなり、髪が痩せ、生えてこなくなってしまいます。

ダイエット

過度なダイエットは体全体が栄養不足になります。
当然、毛髪に必要な栄養も足りなくなり、脱毛へとつながります。
またファーストフードや肉類などの動物性脂肪の多い食べ物は血液中の脂肪を増やし、頭皮の血行不良を起こします。

経口避妊薬(ピル)

ピルは女性ホルモンを配合した薬です。
ピルを服用している間は女性ホルモンが増加するため脱毛が減り、服用を止めると脱毛が一時的に増えます。
これと同じ現象が妊娠・出産の時にも起こります。これは「分娩後脱毛症」と言い、一時的なもので自然に治ることがほとんどです。

過度なヘアケア

洗浄力の強いシャンプーを継続して使ったり、1日に何度もシャンプーをしてしまうと頭皮に必要な皮脂までも洗い流してしまい、皮膚トラブルが起きやすくなります。
また頭皮にシャンプーの成分が残っていてもトラブルの元となりますので、すすぎは十分に行いましょう。
ドライヤーや過度なブラッシングも頭皮のトラブルにつながることがあります。
頭皮のトラブルは脱毛の原因にもなりますので、適切なヘアケアを心がけましょう。

 

円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因には、次のようなものが挙げられます。

自己免疫疾患

円形脱毛症の原因として近年有力視されているのが自己免疫疾患です。
自己免疫疾患とは外部からの侵入物を攻撃することで体を守ってくれている免疫系機能に異常が生じ、自分の体の一部分を異物とみなして攻撃してしまう病気です。
円形脱毛症はTリンパ球が毛根と異物を間違えて攻撃してしまうために発症すると考えられており、その攻撃によって毛根が傷んで元気な髪の毛でさえ突然抜け落ちてしまうのです。
しかしなぜそのような異常が発生してしまうのかは明らかになっていません。

アトピー素因

アトピー素因とは、アトピー性疾患を持っている人のことを言います。
円形脱毛症患者の40%以上がアトピー素因を持つと言われており、半数以上が本人もしくは家族にアトピー素因が認められるなど深い関連があるとされています。

精神的ストレス

精神的ストレスを受けると、それに抵抗するために交感神経が活発に動きます。
交感神経は心肺を早く動かしたり体温を上げるなどの働きがあり、体がストレスと戦う準備をします。
この時ストレスが強すぎたり長く続いたりすると交感神経に異常をきたし、血管を収縮させ頭部への血流が悪くなるので毛根への栄養補給が行き届かなくなって脱毛が引き起こされると考えられています。

 

脂漏性脱毛症の原因

脂漏性脱毛症の原因には、次のようなものが挙げられます。

不十分な洗髪

脂漏性脱毛症の多くは、シャンプーを定期的にしなかったり、シャンプーをしていても頭皮に洗い残しがあることが原因となっています。
また肌に合わないシャンプー剤を使用し続けることでも頭皮が傷ついてしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまいます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの異常によって皮脂が過剰分泌されることが脂漏性脱毛症の原因となることもあります。

生活習慣

タバコ、アルコール、コーヒーや脂肪の多いものを摂りすぎたり、糖分を摂りすぎると脂漏性脱毛症の原因となることがあります。

寝具

夜寝る時に使う枕カバーが汚れていると、いくら毎日シャンプーをしていてもあまり効果がありません。
脂漏性脱毛症を防ぐには寝具を清潔にしておくことも大切です。

 

粃糠性脱毛症の原因

粃糠性脱毛症の原因には、次のようなものが挙げられます。

すすぎが不十分・過度なシャンプー

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しや、過度なシャンプーによって必要な皮脂まで除去してしまうと頭皮が傷つき、フケが毛穴をふさいで脱毛の原因となってしまうことがあります。

整髪料の使い過ぎ

整髪料を付け過ぎていたり、合わない整髪料を使っている、パーマやカラーリング剤が合わないなどといった場合も頭皮が傷つき、粃糠性脱毛症を引き起こしてしまうなことがあります。

アレルギー体質

アレルギー体質を持つ人は比較的粃糠性脱毛症を引き起こしやすいということが明らかになっていますが、はっきりとした原因は解明されていません。

 

牽引性脱毛症の原因

まとめ髪やアップのヘアスタイルを長い間続けていたことが薄毛の原因となる場合があります。
少し引っ張った程度では髪が抜けることはありませんが、ポニーテールなどのように長時間継続して過度に引っ張られる状態が続くと脱毛を引き起こしてしまいます。
ずっと引っ張られることで頭皮の血行が悪くなり、毛根がダメージを受けてしまいます。
ポニーテールにしている人は時々髪を下して頭皮を休ませてあげるなどしましょう。

薄毛の原因となる「トリコチロマニア」とは?

薄毛の原因には色々ありますが、トリコチロマニアから薄毛になるケースもあります。
トリコチロマニアとは抜毛癖のことで、髪の毛という意味の「トリコ」と引っ張るの「チロ」、熱狂者の「マニア」という3つの言葉を合わせた言葉です。
このトリコチロマニアは女性や子供に多く確認されています。
我慢することが難しく、一般的には1〜2歳くらいから症状が現れます。
ストレスや欲求不満などが原因で毛髪を抜くことが癖になり、痛いと言うより開放的な気持ちになったり、満足感を得られるのだそうです。
家族などにも見られないように隠れて髪や毛を抜きます。

 

トリコチロマニアになる原因は?

トリコチロマニアの原因は精神的なものと言われており、慢性的なストレスにさらされていたり、欲求不満が満たされない状態が慢性的に続いていたりする場合に現れます。
日常生活で何らかの困難に直面し、心理的ストレスが強くなってくることで憎悪する傾向があります。
引き抜くのは正常な毛で、主に利き手側が多く、頭頂部や前頭部引き抜きが見られることが多いそうです。まつ毛やまゆ毛などが対象になることもあります。
癖が出るのは就寝中など本人が無意識な時が多く、起床した時にベッドに自分の髪の毛や体毛が散らばっているのを見て自覚するそうです。

 

髪の毛を抜く行為自体は言わば強迫的。通常、その直前に何とも言えない不安がこみ上げて来て、その不安に対処するように髪の毛を抜いてしまうことが多いそうです。
実際、髪の毛を抜くと気持ちがすっきりするなど、一時的とはいえ気持ちは楽になります。
そのため不安が再び強まってくるとまた髪の毛を抜くことを繰り返してしまうのです。

 

抜毛癖を治すには

抜毛癖で薄毛になるほどストレスが蓄積されていると、寝付けない日が毎晩続きます。
髪は成長ホルモンによって作られます。この成長ホルモンは就寝中に分泌されるので、眠れない日が続けば髪が生成されにくくなります。
抜毛癖による薄毛を治すには、成長ホルモンの分泌が促進されるようにしっかり就寝することが大切です。
無意識に髪を抜いてしまわないように帽子を被ったり、手袋をして就寝すると予防になります。
家族など人がいないときに最も行われるので、鏡を置いた部屋で寝ることで対策になります。

 

心理的ストレスが原因であるトリコチロマニアの場合、原因であるストレスを解消しなければ改善には至りません。
そのためトリコチロマニアを治すには熱中できる趣味を見つけたり、上手くストレスを発散させる方法を見つけることも大切です。
自分でコントロールが利かなくなってしまっている場合は、信頼できる専門医を見つけて自分がトリコチロマニアであることを認め、時間をかけて治療に取り組みましょう。