女性 男性 薄毛 違い

女性の薄毛と男性の薄毛の違い

女性の薄毛と男性の薄毛の違い

今や男性だけでなく男女ともに上げられる薄毛の悩み。しかし薄毛は男女でそれぞれ違う特徴があります。
一言で薄毛と言っても、男性は禿げていくイメージが強いのに対して、女性は禿げると言うより地肌の透けを気にするというイメージが強いです。
実は男性と女性は薄毛になる部分や原因が違うのです。

 

女性の薄毛の症状で最も多いのは全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」です。びまん性とは広範囲に広がっているという意味です。脱毛症状が頭髪全体に進んでいき、全体的に薄くなるのが特徴です。分け目やつむじが目立つようになり、ボリュームがなくなったと感じるのはこのびまん性脱毛症によるものです。
男性の薄毛の症状は、額から脱毛が進むM型脱毛症、頭頂部から脱毛が進むO型脱毛症、M型とO型が合わさった複合型があります。いずれも毛髪が産毛化して抜け落ち、頭皮が完全に露出してしまうのが特徴です。これらの症状を男性型脱毛症と言います。

 

なぜ男女で薄毛の進み方に違いがあるのかというと、薄毛の進行はホルモンの影響によるところが大きいからです。男性ホルモンは酵素である5α-リラクターゼと結びつくことで毛髪を生み出す毛母細胞を攻撃するジヒドロテストステロンに変化します。その作用で毛髪が産毛化して、やがては抜け落ち新しい毛髪が生えなくなってしまいます。
女性も閉経後に女性ホルモンが減少すると薄毛が目立つようになります。女性ホルモンであるエストロゲンは毛髪の成長期を持続させる働きを持つため、これが減少することによって毛髪が薄くなったり、毛穴から3本出ていた毛髪が2〜1本になったりします。また女性の体内にも男性ホルモンが存在しているため、それが優位に働くのではないかとも考えられています。ただ、男性よりも料が少ないためジヒドロテストステロンに変化する量も少ないため、禿げてしまうまでには至らないようです。